沖縄IUターン就職

「沖縄へ移住したい」「沖縄で仕事をしたいと考えるきっかけは沖縄旅行でした」

沖縄の来沖観光客数はもうすぐ年間1000万人と、ハワイを凌ぐ勢いです。
年々、沖縄移住IUターン就職も増えてきています。
青い海、青い空の南国で暮らす夢を叶え、実際の日常生活となったときに「こんなはずじゃなかった」とならないよう、沖縄移住には充分な情報収集が必要です。

沖縄で働く

沖縄の雇用状況のイメージは「高い失業率、正規雇用率の低さ、低賃金」など、あまり芳しいものではありません。
しかし、ここ数年で沖縄で働く環境はだいぶ改善されてきました。
好調な経済成長に支えられて求人倍率は復帰後もっとも高く、雇用はしたいが働く人がいない、人手不足の状況です。
それに伴い賃金の上昇や働く環境の改善も見られ、沖縄の雇用環境は格段良くなっています。

建築、工事現場で働く人

建設関連企業

県内外や海外から沖縄への投資が盛んに行われ、それに伴いマンションやホテル関連施設の建設、インフラの整備などで、沖縄の建設関連事業はバブル期超えともいわれています。
沖縄の建設関連企業はこれまで採用を控えてきた状況でしたが、最近の慢性化した人手不足の解消と、将来を見据えた若者の採用が増加しています。
即戦力としての建設関係経験者への賃金は、県外の技術者と比較しても遜色ない金額が提示されています。

観光関連企業

国内だけでなく外国人観光客の増加にも支えられ好調な沖縄観光関連事業も、積極的に採用を行っている分野です。
募集しても県内だけでは人手を賄えず、県外~国外へと人材を求める採用の幅は広がっています。
ホテルの新規出店の盛り上がりは著しく、沖縄本島だけでなく離島を含め、沖縄県内にホテルでの仕事はたくさんあります。

IT関連企業

県外から沖縄へ進出しているIT系の会社も多く、エンジニアの募集などIT関連の雇用も豊富です。
技術があれば、場所を選ばず仕事ができるIT関連の技術者には沖縄は良い環境かもしれません。

沖縄就活イベント情報日程を見る

沖縄へ移住する

沖縄の風景

一年中暖かい沖縄の平均気温は約23度、一年の3分の1は30度を超える気候です。
真冬でも10度以下になることはほとんどありませんが、常夏ではありません。
海からの寒風がふき、冬の体感温度は意外と低いので驚かれます。

沖縄本島は南北に伸びた島です。
那覇市がある沖縄本島南部を中心に人口も多く、産業も栄えています。
沖縄本島中部は基地の街で、東アジア最大の米軍基地「嘉手納基地」のほか、米軍施設が住宅街と隣り合わせで多数存在しています。
アメリカンな雰囲気が漂いにぎわう一方、基地があるからこそのデリケートな問題も感じられます。
北部は「やんばる」とよばれる、亜熱帯の森におおわれた自然豊富な地域です。

ビジネス・商業の中心は那覇市

とくに沖縄県庁や那覇市役所などの公共施設、沖縄県のテレビ局、新聞社、銀行などの本社ビルが集合する久茂地(くもじ)地区は、沖縄県屈指のビジネス街です。
沖縄県内各地を結ぶ路線バスや、那覇空港や首里方面へ繋がるモノレールなど、交通アクセスの利便もよく、ビジネス街としてだけでなく商業施設など多くの人が集まる地区です。

沖縄は車社会

路線バスは運行していますが、マイカーが主流です。
企業の営業活動は社用車かマイカー、日常生活も車での移動が中心です。

沖縄の住環境

車を30分も走らせれば海を眺めることができる沖縄。
せっかく沖縄へ移住したのだから、「海の見える所に住みたい」と希望する移住者の方は多いです。
しかし、台風の強風や塩害などの住宅への被害も心配されるため、沖縄で住まいを構える場合はそのあたりも考慮されることをおすすめします。

また、離島へ移住する方も多くいます。
宮古島、石垣島、久米島をはじめとした沖縄本島周辺離島にも多くの移住者の方が生活しています。
海や自然を相手にした仕事、観光業、インターネット環境があればできる仕事など、離島での仕事環境は沖縄本島とはまた違った環境となるでしょう。
子供がいる世帯は子育て支援、学校区・通学のことなども事前にチェックするとよいですね。
それぞれの市町村で施策に違いがありますのでぜひチェックし見てください。

沖縄移住に関係したサイトもたくさんあります。
移住したあとに「こんなはずじゃなかった」とならないよう、移住前の情報収集をおすすめします。

沖縄で就職したい人へ就職情報発信メルマガ
良い人材との出会いを応援、採用戦略支援サービス