HOME > 沖縄の人と企業のかけ橋!沖縄就活コラム

常にポジティブに沖縄の雇用促進のお役に立ちたい、沖縄就職ナビスタッフが「沖縄で働きたい人」を全力で応援!

業界別採用情報 一部ですが・・・

業界ごとの採用情報をお届けいたします。

※一部ですが・・・・

【新聞】

沖縄タイムス  採用試験は沖縄、東京でも実施するようです。

■琉球新報    受け付け始まっていますよ。

【テレビ局】

■沖縄テレビ放送  エントリーシートは自筆で書く事。

■琉球放送  5月7日が締め切りです。

■琉球朝日放送  エントリーシートは自筆で記入する事。

【金融】

■琉球銀行  前期後期に分けたエントリーが可能です。

■沖縄銀行  エントリーがもうすぐ締め切りですよ。

■沖縄海邦銀行 こちらは直接確認してください。

■沖縄振興開発金融公庫  採用試験は沖縄、東京で行うようです。

■コザ信用金庫  こちらは直接確認してください。

■沖縄県労働金庫  6月1日より受付を開始します。

■JAおきなわ  こちらは直接確認してください。

      



【北海道大学】訪問編

北海道へ出張しました。

で、北海道大学を訪問

DSC_0107.jpg


毎年、沖縄からも進学しています。

しかし流石に北の国、雪が溶けずにあちらこちらに

山積みされていました。

DSC_0095.jpg

大学の校庭もこの通りです。

DSC_0097.jpg

自転車は埋もれてしまいました。

DSC_0096.jpg

北海道大がと言えば「青年よ太志をいだけ」のクラーク博士。

立像は別にありますが、大学内にも立派な胸像がありましたよ。

クラーク先生とは・・・・・  大学ホームページより紹介文

北海道大学は農学部から始まり

その源流は1876(明治9)年に創立された札幌農学校にあります。

札幌農学校の設立精神は当時の世界の新天地に求められ

マサチューセッツ農科大学学長だったクラーク博士が

外国人教師団とともに招かれました。

クラーク博士らは実験、実証を尊び

今日の応用科学へとつながる実学主義と英語による全人教育を行い

北大農学部の基礎を作りました。

とても有名な博士ですね。

その他にも・・・・・

旧5千札の肖像でも有名な「新渡戸稲造 博士」


DSC_0098.jpg

新渡戸稲造 とは・・・・・

新渡戸博士は、戦前の日本を代表する国際人・教育者であり、

「旧五千円紙幣」の肖像としても広く知られています。

1881年(明治14年)に札幌農学校(北海道大学の前身)第二期生として卒業され

開拓使御用掛に席をおき黎明期の北海道開拓にご尽力されました。

人格、社会性、教養を重視した教育によって戦前・戦後の教育界に多大な影響を与えました。

また、名著「武士道」による日本の精神文化の紹介

国際連盟事務局次長としての平和文化活動は、博士の名声を国際的に高めることになりました。

1996年(平成8年)10月7日、本学創基120周年記念に際して

「新渡戸 稲造博士顕彰碑」(場所:ポプラ並木横・花木園内)が同碑建立事業会から寄贈されました。

北海道大学ホームページより

DSC_0106.jpg

ポプラ並木

春はもっと素敵な通りなんだろうな。

DSC_0100.jpg

おまけ♡

DSC_0090.jpg



人事担当者が好感を持つ学生とは・・

元気よく、笑顔で、挨拶ができる事。

とても当たり前でシンプルな行為ですが

・こんにちは、失礼します

・よろしくお願いします

・ありがとうございます、

基本的な挨拶がちゃんとできているかどうか。

合同企業説明会などの大勢いる学生の中で

人事担当者が見てるところは

「きちんとした挨拶」「立ち居振る舞い」「聞く、質問する」

そんなところです。

挨拶は社会人の基本です。

元気よく明るい笑顔で挨拶ができる人材はどこでも愛されます。

当たり前のことをごく自然に行える学生は好感が持てます。

お辞儀は3パターンがあります。

・軽く頭を下げる場合→会釈

・足を止めて挨拶をする場合→普通例

・最上級なお辞儀→敬礼

挨拶と共にお辞儀をすることはビジネスシーンでは毎時おこなわれることです。

基本中の基本の行為が自然とできていると好感が持てます。



【就活始まりのススメ】

「就活は何からはじめたらいいのかわからない」

「自分の適職ってなんだろう」

そうだねー。

何から始めたか良いか・・

大学のキャリアセンターなどでは「自己分析」を行うように、と指導されているのではないでしょうか。

正しいとは思うが、砂川のアドバイスは少し違います。

先ずは動いてみることです。

合同企業説明会に参加する、OBOG懇親会に参加する、就活セミナーに参加する。

企業の採用担当者や既に就職している先輩たちなどから話を聞いてみましょう。

話を聞いていくうちにだんだんと仕事を行う事、企業の事がわかってきます。

そのことを、エントリーシートや履歴書に反映させていけばよいのです。

適職が分からない、どんな仕事が自分に向いているのかわからない。

と言う学生もたくさんおります。

分からなくていいと思います。

むしろ、わからなくて当たり前です。

だから就活をするのです。

大学で学んだことが活かせる会社、自分が経験したことを評価してくれる会社、

そんな会社を選ぶといいと思うよ。

そもそも適職とは働いた結果、見つかるものです。

自分に合っている仕事、と言っても会社に入ったら必ずしも希望職種に配属されるとは限りません。

楽しそうな会社、雰囲気のよさそうな同僚たち、会社の雰囲気が良い

そんなことで会社を選んでその会社で働く自分をイメージさせる

自分に合った仕事を探すのではなく、会社を探してください。

難しいかな?

各会場でお会いしましょう。

・1月14日 in東京 品川

・2月18日 in小倉 北九州小倉

・2月25日 in大阪 梅田

詳しくはイベント情報ページから

先ずは砂川と話をしてみましょう。




«前のページへ 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
沖縄就活サポート部 受講者募集
沖縄の就職情報満載!キャリア募集、新卒募集情報のメルマガ会員
沖縄就職ナビフェイスブック
沖縄就職ナビスタッフが書く沖縄就活コラム
沖縄の就職・転職や、採用・人材育成なら株式会社ジーオフィス

このページのトップへ戻る
スマホ