常にポジティブに沖縄の雇用促進のお役に立ちたい、沖縄就職ナビスタッフが「沖縄で働きたい人」を全力で応援!

【オワハラ】その対応について

【オワハラ】とは・・・・・

企業が学生に対して、内定と引き換えに就職活動の終了を強要するケースが増えている。

こうした動きは「オワハラ(就活終われハラスメント)」と呼ばれ、流行語にもなりつつある。

一定数は毎年あるが、「今年は圧倒的に件数が多い」(都内私大のキャリアセンター担当者)。

早稲田大学のある学生は、ITベンチャー企業の面接で、「ここで就活を終了すれば内定を出すが、

そうでないならば次の面接を受けてもらう」と言われた。

次の選考に進んだものの、結局落とされてしまったという。

こうしたケースでは「とりあえず終わりにすると答えて、隠れて継続しなさい」

とアドバイスする大学もあるほどだ。

※東洋経済オンラインより引用


私がサポートする学生の中でも「どうしたら良いか」という相談がありました。

では、砂川的対処方法についてアドバイスしよう。

そんなことを言ってきた会社はこちらから断ったほうが良い!

社会に出る前の学生が働くことについて深く考える人生で一度のまたとない機会、それが就活です。

その為にはできるだけ多くの企業の事を知り、社会人の先輩たちからいろいろ話を聞いて

自分の夢を膨らませていく、それが王道の就活です。

そんな学生に対して、「内定を出すから就活を辞めてください」という会社は

人材獲得によっぽど自信がないか、会社としてどうかしている証です。

人材に対して優しくない会社と言えます。

こう言ってください。

「いろいろな会社を知ることは学生時代にしかできません。

御社からの内定はとてもうれしいのですが、私はもっと就活を行いたいと考えています。」

そうですが、と内定が頂けないようであれば、それだけの会社です。

お互い縁がなかったという事で「残念」でした。


今年は就活のスケジュールが変更になったり

例年になり好景気となって人材獲得に躍起になっている会社が増加したり

新卒を採用したい企業にもいろいろ難題があります。

その結果、採用担当者は良い人材に出会えたら何とかして獲得したい

という思惑が、結果として強硬手段になって表れた、それが「オワハラ」だと言えます。

しかしそれは片方の言い分で、学生には学生の言い分があります。

自分が納得した就活を行うよう、強くアドバイスします。


困ったらどうぞ砂川に祖段してください。

沖縄就職サポート部



沖縄就活サポート部 受講者募集
沖縄の就職情報満載!キャリア募集、新卒募集情報のメルマガ会員
沖縄就職ナビフェイスブック
沖縄就職ナビスタッフが書く沖縄就活コラム
沖縄の就職・転職や、採用・人材育成なら株式会社ジーオフィス

このページのトップへ戻る
スマホ