HOME > 沖縄の人と企業のかけ橋!沖縄就活コラム

常にポジティブに沖縄の雇用促進のお役に立ちたい、沖縄就職ナビスタッフが「沖縄で働きたい人」を全力で応援!

人事担当者が好感を持つ学生とは・・

元気よく、笑顔で、挨拶ができる事。

とても当たり前でシンプルな行為ですが

・こんにちは、失礼します

・よろしくお願いします

・ありがとうございます、

基本的な挨拶がちゃんとできているかどうか。

合同企業説明会などの大勢いる学生の中で

人事担当者が見てるところは

「きちんとした挨拶」「立ち居振る舞い」「聞く、質問する」

そんなところです。

挨拶は社会人の基本です。

元気よく明るい笑顔で挨拶ができる人材はどこでも愛されます。

当たり前のことをごく自然に行える学生は好感が持てます。

お辞儀は3パターンがあります。

・軽く頭を下げる場合→会釈

・足を止めて挨拶をする場合→普通例

・最上級なお辞儀→敬礼

挨拶と共にお辞儀をすることはビジネスシーンでは毎時おこなわれることです。

基本中の基本の行為が自然とできていると好感が持てます。



【就活始まりのススメ】

「就活は何からはじめたらいいのかわからない」

「自分の適職ってなんだろう」

そうだねー。

何から始めたか良いか・・

大学のキャリアセンターなどでは「自己分析」を行うように、と指導されているのではないでしょうか。

正しいとは思うが、砂川のアドバイスは少し違います。

先ずは動いてみることです。

合同企業説明会に参加する、OBOG懇親会に参加する、就活セミナーに参加する。

企業の採用担当者や既に就職している先輩たちなどから話を聞いてみましょう。

話を聞いていくうちにだんだんと仕事を行う事、企業の事がわかってきます。

そのことを、エントリーシートや履歴書に反映させていけばよいのです。

適職が分からない、どんな仕事が自分に向いているのかわからない。

と言う学生もたくさんおります。

分からなくていいと思います。

むしろ、わからなくて当たり前です。

だから就活をするのです。

大学で学んだことが活かせる会社、自分が経験したことを評価してくれる会社、

そんな会社を選ぶといいと思うよ。

そもそも適職とは働いた結果、見つかるものです。

自分に合っている仕事、と言っても会社に入ったら必ずしも希望職種に配属されるとは限りません。

楽しそうな会社、雰囲気のよさそうな同僚たち、会社の雰囲気が良い

そんなことで会社を選んでその会社で働く自分をイメージさせる

自分に合った仕事を探すのではなく、会社を探してください。

難しいかな?

各会場でお会いしましょう。

・1月14日 in東京 品川

・2月18日 in小倉 北九州小倉

・2月25日 in大阪 梅田

詳しくはイベント情報ページから

先ずは砂川と話をしてみましょう。




【はいむるぶし】で働く。生活面編

kusatu.jpg



小浜島の公共施設は、郵便局、駐在所、診療所、消防団、保育所、小・中学校があります。


居酒屋、商店も数店舗ありますが


コンビニエンスストアや大型スーパー、美容室、娯楽施設はありません。


外周道路はありますが、信号も存在しません。


多くのスタッフは休みの日には石垣島に渡り、日用品の買い出しやショッピングを楽しんでいます。


欲しいものが石垣島で全て揃うわけではありませんので、Amazonなどネットショップを利用しています。


Amazonに注文すると首都圏だと翌日に到着すると思いますが、小浜島には4日後くらいに届きます。


時折、何を注文したか忘れてしまうことがあり


本当にすぐに必要だったのかなぁ~と考えさせられることもあります。




zentai.jpg



周囲16kmと狭い島ですので、どこで何をしているかはすぐにバレます。


船の最終便で石垣島から戻ってくるときは、ほとんどが島の人間ということもあります。


小浜島の歴史・文化・伝統芸能・人との関わりが好きで


戦後、日本で失われた【大事】なものが残る小浜島で


生活してみたいという方


リゾートホテルのパイオニアで今も八重山を牽引しているはいむるぶしで一緒に働いてみませんか?

詳しくは募集要項をご覧ください。



10月は内定式!

━━━━━━━━━━━━━
内定式でほっと一安心
━━━━━━━━━━━━━

就活スケジュールでは10月が正式内定です。

多くの企業で内定式が開催されることでしょう。

長かった就活もこれで一区切りですね。

内定を得ている学生の皆さん、おめでとうございます。

まだだという学生はもうひと踏ん張りがんばりましょう。

内定は得たが、今後は何かしたほうが良いのか、という学生も多いことでしょう。

社会人になると学生のころのように長期休暇は望めません。

長い時間をかけてできることに挑戦してみましょう。

旅行なんていかがですか。

「百聞は一見にしかず」

県外の大学にいる学生の皆さんは地元の観光地に行ってみるなど

普段行ったことが無いところも行ってみよう。

良い思い出になると思うし、社会人になってからの話のネタにもなると思うよ。

残り少ない学生時代を学生らしく過ごしてみよう。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11
沖縄就活サポート部 受講者募集
沖縄の就職情報満載!キャリア募集、新卒募集情報のメルマガ会員
沖縄就職ナビフェイスブック
沖縄就職ナビスタッフが書く沖縄就活コラム
就活はシンプルに行うべし 砂川政二ブログ

このページのトップへ戻る
スマホ